浜松だから輸入住宅を建てよう

subpage01

住宅を建築しようと計画をしている人も多いと思います。

国内住宅メーカーや地元工務店、リノベーションで建てるよりも輸入住宅を選択するのもの良いのではないでしょうか。
国内メーカーは型にはまったデザインや間取りしか設計できない為どこにでもある住宅になってしまいます。

浜松は新しい考えを取り入れようとする土地柄でもあるので一般的なデザインにこだわる必要はまったくありません。

磐田の輸入住宅のリゾートスタイルに関する企業の一覧です。

では輸入住宅は何が良いのかを考えていきます。

様々な分野の日本経済新聞情報をピックアップしたサイトです。

1、高気密高断熱住宅を建てられる2、カラーバリエーションが豊富3、浜松の地域特性を活かすことができるそれぞれを具体的に検討していきます。


1、日本の住宅メーカーは夏向き住宅を建築している為、夏は涼しく冬は寒くなってしまいます。日本は高温多湿であることを理由にあげていますが夏は2、3カ月しかありません。


夏向き住宅は不都合が多く住み心地が悪いです。

輸入住宅は高気密高断熱住宅が多いので1年中快適に生活をすることができます。

2、日本の住宅メーカーは白や黒など無難な色しか取扱がありません。海外の住宅は緑色や黄色などおとぎ話にでてくるような色合いを実現することができます。



ドールハウス風にすることもできます。
3、浜松の特性は自然豊かな環境と都市部の環境の両面を持っています。
どちらに住宅を建てたとしても溶け込んでしまうのが浜松で輸入住宅を建てる魅力でもあります。


新しいものを受入れる場所だからこそ検討してみるのも良いと思います。